以前書きましたが、東芝さんのアシスタントセンターにはお世話になって感謝しております。

しかしひとつ気になることが。

担当者はいつもとても丁寧なのです。…が、何度か、外国人担当者に当たったことがありました。流暢な日本語で、下手な日本人よりずっと丁寧な言葉使いで … だけど、ほんのちょっとした、かすかなアクセントで日本人じゃないことがわかるのです。別に「どこの人?」なんて野暮なことは聞きませんが。たぶん中国人顧客にも対応できるよう中国人、あるいは台湾人を使っているのだと思うのですけど…。

でも、ここって、ある意志をもって、やろうと思えばいくらでも情報抜けるポジションですよね? 私も何度か「遠隔操作」でPC見てもらっているのですけど、もちろん対応はちゃんとしてますけど、向こうの担当者がこちらのPCを見ていて、自分のPCが勝手に動いていくのを眺めているのは…ちょっと「怖っ!」 別に見られて困るような情報持っているわけではありませんが、それでもやっぱり怖い感じ。で、担当者が日本人だとそれだけで安心している自分がいます。やっぱ「日本人」というのに信仰に近い信頼を置いているのですね、無意識のうちに。日本人だって悪いのいるんですけど、それでも。

そういうポジションに外国人? 外国系日本人?

日本政府や国会議員や地方議員や…ネットで情報発信とかメールでやり取りとか…日本メディアはまともに機能していないので、ネットで直接情報発信はいいですけど、FBとかYoutubeとかGoogleとかTwitterとか…そういうの使ってちゃダメでしょう、やっぱ? 結局米国に情報筒抜け。やるんだったら国産の自前で作ったネットワーク使わなくちゃ。何なんでしょ?この危機感のなさ。…やろうとすると米国に潰されるのかな。それでもやらなきゃ。

それとか、LINE? 韓国系の? 個人情報流出で問題になっていますよね? まさか国会議員、こういうの使っていませんよね?


なぜベッキーの私的な会話が雑誌に載ったのか?

① LINEから情報が流出している。
② 誰かが不正な端末や不正な状況で盗みとった。

解説者曰く。原因はこの2つのうちのひとつしかない。


自民党はそれでも過去に何度もスパイ防止法を作ろうとしたけどその都度潰されたのだとか…この熾烈な情報戦争時代に日本、あまりに無防備すぎ。丸裸で、大丈夫?

ヒラリー・クリントンのメールスキャンダルとかメルケンさんの携帯が盗聴されていたとか … 現実は情報戦争真っ最中。「銃弾が飛び交わなければ『ヘ~ワ』」なんてとんでもないお話でして…。


【余談】
こちらのいろいろなヘルプセンターなど、だいたい対応自体が悪いのですけど、最近担当者が出てもアラブ系?あるいはアフリカ系?フランス人みたいのが多い感じで、アラブ語訛りが強くて言ってることがよくわかりません。こっちだって日本語訛りの仏語だし、その上、インターネット関係の専門用語みたいのだと、日本語で説明されたってよくわからないのに、もうお互い意思疎通が … これは笑うとこなのかしら?






[PR]
by grandma2675 | 2016-01-31 21:07 | 日々の雑感

お雛様好き

最近は、ひな祭り時は日本各地で町中で道行く人のためにお雛様を飾ったりしていますよね。展示会などもありますし。

いつだったかの里帰り、ちょうど旅行していた時がひな祭り時で。どこに行っても素晴らしいひな人形が飾られていましたし、またたまたま入ったどこぞの博物館では十二単の着方を教えていましたし、食事だって時期限定のひな祭り弁当だとかお菓子だとか … その時にしか味わえない旅でとても楽しかったです。

その時偶然見ることのできた「高松宮妃のおひなさま」展と「尾張徳川家のひなまつり」展。この冊子も宝物で、ひな壇に人形と一緒に飾ってあります。

d0339289_07073529.jpg

d0339289_07075512.jpg


【余談】日本の友人の老夫婦宅は、古い旧家の元庄屋さんで、そこのお雛様はちょっと毛色が変わってまして、江戸時代あたりからの大きな動きのある武士人形だとか、そういうのも飾ってあって、それもまた荒々しい趣があって良かったです。






[PR]
by grandma2675 | 2016-01-30 06:55 | 日々の雑感

がんばれ日本

東芝が経営悪化で各種部門を売却するようです。

でも東芝って原子力部門や軍事機器部門などもありますし、韓国企業だとか中国企業に買収されてしまったら、技術は今以上に盗まれるし、技術者も引き抜かれるし、技術が断絶するし、青息吐息の中韓企業が息を吹き返してしまうし … と素人ながら心配していました。

そしたら政投銀日本企業が買収に乗り出しているようで…ちょっとホッ。

私のPCは東芝さんで、結構古いのですけど、東芝さんのアシスタントセンターにはさんざんお世話になっておりまして…。東芝さんはヘルプ無料なので、どのメーカーもそうだと思っていたらそういうわけでもないのですね。驚きました。で、通話料はもちろん国内は0120の無料通話。さすがに外国からの電話番号は有料です。

フランスは、ネット料金と込みで、国内固定電話及び海外固定電話への通話は全部無料です(割高なそういう種類を選べば)。で日本の固定電話への通話もタダ。これまたヨーロッパ全部かと思っていたら、どうもフランスだけのよう? 一体どういう仕組みになっているのか知りませんがその多大な恩恵に預かっております。

というわけで、東芝さんに電話しても1時間でも2時間でも気兼ねなく話ができて大助かり。ところで東芝さんの顧客情報には、国番号抜かした電話番号だけ登録してありました。万一折り返し電話なんかで海外じゃ失礼かと思い遠慮して。

そんなある日、電話で話し中に回線が切れてしまいまして。で、また私の方から電話しました。そしたら当然別の担当者が出て。「これこれこういうわけで」と説明したら、その前の担当者を探してくれて代わってくれました。そしたらその担当者に「外国ならちゃんと国番号から登録してくれなくては困ります。こちら(東芝)から何度かけなおしても繋がらないので困ってました」と怒られてしまいました。私は「え~っ? 外国でもかけ直してくれるんですか?」と驚き恐縮し(感涙) … フランスなんか「折り返しかけ直します」と言ったって電話してこないこと山ほどあるし(爆)! ありがとうっ、日本! … ということで、個人的に思い入れあるんですよね、東芝さんは。

東芝の創業者は、江戸時代のからくり人形で有名な田中久重。東芝だけでなくいくつもの有名日本大企業が苦境に陥っていりますが、何としても立ち直ってほしいです。日本企業が買収して助けてあげてほしい。中国の人口に幻惑されただけでなく、いろいろ仕方ない理由で中国などに進出したのでしょうけど、ここらでもう一度原点に立ち戻る、日本に立ち戻る時だと思います。日本政府もそういう方向で支援していってもらいたいです。




[PR]
by grandma2675 | 2016-01-29 05:58 | 日々の雑感

ビスクドール

頂きもののビスクドール。

身長40㎝。ノミ市で見つけたのだとか … アンティークドール?

籐製の箱の中に、人形と、着せ替え用ドレス3着、ドレスと共布で作られたそれぞれ3つの帽子とバック2つと日傘1本。下着もつけてるし靴もちゃんと履いているのです。

一つの箱の中にきっちり納まるというのがとても気に入っていて。小物入れ用の引き出しもついている優れもの049.gif

こういう感じの市松人形が目下の夢。

子供の七五三の時の着物布で着物と帯作って。このビスクドールのように藤あるいは桐製の箱にきっちりと納まるような市松人形。着せ替え用着物もあったら尚ヨロシ。

顔としては、大正から昭和にかけて活躍したという人形師・光龍斎の人形の顔が気に入っているのですけど … こんなの頼んだらめちゃくちゃお高いんでしょね … だから見果てぬ夢なのかな …。

d0339289_05575989.jpg

d0339289_05582046.jpg

d0339289_05585279.jpg

d0339289_05591623.jpg

d0339289_05594553.jpg

d0339289_06001688.jpg

調べてみると、ビスクドールって市松人形の影響もあるんですね。

「元は衣服の宣伝用にミニチュア版の衣装を着させる目的で作られた観賞用の人形(大人の女性の姿をしたファッションドール)だったが、1855年のパリ万国博覧会に出品された市松人形の影響や、新富裕層の台頭などの社会的事情もあいまって、子供の姿をしたベベドールが登場した。

可動性の高いコンポジションボディのドールが作られ、玩具として量産された」







[PR]
by grandma2675 | 2016-01-28 05:37 | フランスの田舎暮らし

お雛様

今年も3月の雛祭りの頃は不在になりそうなので、

今のうちにお雛様を飾っておくことにしました。

去年に続いて2年もしまったままでは可哀想なので。

私が生まれた時のもので、もう半世紀以上のボロッとした年代物。

子供の頃はよくこれでお人形遊びしちゃっていました。

菱餅は、パトダマンド (pâte d’amande) マジパンで。


家具類を骨董市で見つけては買い足したり、

頂きモノの雛人形やら子供の作った雛人形やらも加わって、

なんかゴソゴソした感じに。

人形遊びが大好きだったので、この歳になっても眺めていて飽きることがありません。

皇族方の、宮中祭祀など正式なお召し物はこの平安朝で、それが21世紀の現代まで受け継がれているというのは凄いですよね~。

d0339289_05161157.jpg





[PR]
by grandma2675 | 2016-01-27 05:11 | フランスの田舎暮らし

お義母様

夫の母はモデルさんでした。

モデル学校なるものができてその一期生頃。

私たち日本人の頭の中にある、いわゆる「フランス・パリ」のイメージはこの時代のものだと思います。

私がお会いした時はもう70歳越えていましたが、ジーパンはいてシャキシャキ歩いている若々しいご婦人でした。

写真が出てきたのでチラッと公開♪

d0339289_22484909.jpg

d0339289_22492818.jpg

d0339289_22495489.jpg

今時の、中性的というかギスギスした感じのモデルさんと違って、女っぽく健康的な感じがします。

先頃のニュースでは、モデルさんたちがあまりに痩せていて、骨が浮き出ているような女性もいるので、仕事するのに健康診断書提出を義務化するとか何とか言ってましたっけ…。






[PR]
by grandma2675 | 2016-01-24 22:59 | 日々の雑感

① 合法的な移民の数を年間二万人から一万人に下げる。
② フランスに住む移民の家族や配偶者の無条件なフランス居住を禁止。
③ フランス市民権を得るための条件を厳しくする。
④ 中小企業へ減税。
⑤ フランスの製造業を守るため、関税を徹底させる。
⑥ 児童手当など家庭への手当てはフランス人家庭にのみ給付する。
⑦ 伝統的な家族観とりわけ親子観を大事にする。

上記はフランスの某政党の政策の一部です。これをご覧になって皆様はどう思われますでしょうか?

この政党支持者には、白人だけでなく、実はアラブ系アフリカ系フランス人も多くいます。なぜ元移民だった彼らが「外国人がフランス国籍取得する条件を厳しくする」などと主張する政党を支持していると思われますか? 矛盾しているように見えますよね?

移民、特に移民一世は、辛い仕事を引き受けながらそれでもフランスに同化するために頑張ってきた人々です。昔はフランス市民権を得るための条件も今より厳しく、それをクリアして晴れて「フランス人」になれた人々で、その誇りがあります。

それが政府が簡単に外国人移民を受け入れるようになり、その外国人が犯罪を犯すことなどにより現地人との間に摩擦が起こるようになると、現地人の外国人を見る目は変わります。警戒するのは当然ですよね? で、一生懸命頑張ってきた「いい外国人」たちも「十把一絡げ」で同じ目で見られてしまう。外見で判断されますからこれまた仕方がないでしょう? これは現地人がレイシストなのですか?

だから、本来はこういう「いい外国人」を守るためにこそ、入国審査、国籍取得条件など厳しくすべきなのです。入国する時点で、国籍取得する時点で、きっちりと選別しなくてはいけない。違法滞在者などの国外退去なども粛々となされなければいけない。現地人と仲良くやっていける「いい外国人」だけを受け入れて摩擦を起こさないよう管理するのが本来の国の仕事 … それなのに政府は、「人権」とか「人道」とか「可哀想」とか「反差別」とか … メディアや人権団体などの表面的な「きれいな言葉世論」に負けてどんどん外国人を受け入れてしまう…これを一番苦々しく思っているのは、とばっちりをくう「いい外国人」だと思いますけど、どうでしょう?

日本でも不法滞在者の子供が「私は日本で生まれたから日本にいたい」などと言って、人権弁護士団がくっついて結局滞在許可を得たのでしたっけ? しかし「可哀想」という感情で彼女のみを許したら、他の、スポットを浴びないがゆえに本国へ送り返される不法滞在者はどうなるのです? まじめにやって合法的に滞在許可を得た外国人はどうなるのです? 正直者が馬鹿を見る。騒いだ者勝ち。これこそ不公平で、アホらしくてやってられないでしょ? まじめにやらなくても騒げばもらえるんじゃそっちの方が得じゃん?ってなりますでしょ、普通?

ところで日本国籍取得条件、他国と比較してホントに簡単。帰化した中国系日本人石平さんも言ってましたが。自分は「りっぱな日本人になるぞ」という矜持を持って役所に行ったのに「あれれ」と拍子抜けするほど簡単で、仕方がないから自分で伊勢神宮に参拝したと。在日コリアンで「手続きが煩雑で」って文句言っているの聞きましたが、たかだかその程度の役所の手続きが面倒だから帰化しないというのでしたら、日本世論は「可哀想」と同情するのではなく、「それなら結構」と突っぱねなければいけないのです。

人間とは不思議なもので、ハードルが高ければそれを達成した時、それを誇りに思い大切にしますが、タダ同然で手に入れたものなど何のありがたみも感じません。

「可哀想だから」という人と「厳しく」という人、結局本当の意味で優しいのはどちらなのでしょう?

ところで最初に挙げた主張をしているフランスの政党。国民戦線(FN)党といいます。極右政党と言われ、ナチスと同じだと嫌われてますけど。そんなレッテルで思考停止しないで、その政策などをよくよく見てみれば、私としてはしごく真っ当な主張に思えるのですけど … それにですね、ナチスって国家社会主義ドイツ労働者党で、これ、左派政党じゃないんですか?? 

今のフランスのオランド政権は左派政権。フランスには簡単に言って、前サルコジ大統領のいた共和党(中道右派)、現オランド大統領のいる社会党(左派)それより左に共産党などがぞろぞろ続き、共和党より右に国民戦線党(FN)などがいくつかあります。

日本の自民党の安倍政権は極右だ何だと言われています。…イヤイヤ、自民党って世界基準で見れば左派で、安倍政権なんていいとこ今のオランド社会党政権程度。日本の悲劇は、そんな左派政党が一番右に見えてしまうほど左に偏ってしまっているということ。民主党? あの党、党員なるのに国籍条項ありませんでしたし、帰化してすぐ議員なんてのもいましたし …。

外国人は本来その国の政治にかかわっちゃいけません。私だってフランスで選挙権ありませんけど、何の不満もありません。普通そうでしょ? フランス船の舵取りはフランスのことを真剣に考えているフランス人乗組員が決めること。そして巨大な日本丸の舵取りは日本のことを真剣に考えている日本人乗組員が決めるべきことです。

【おまけ】こんなにメディアが「極右だ危険だ」と煽っているのに、国民戦線党(FN)、世論調査で共和党社会党の2大政党を抑えてトップです。移民に直に接する庶民がどれだけ移民に危機感持っているのかってことで。










[PR]
by grandma2675 | 2016-01-23 00:35 | 日々の雑感

冷蔵庫

人から譲り受けた冷蔵庫。もらってから既に10年ということは相当な年代物。しかしここ数年は、冷凍庫の扉は壊れちゃってガムテープで補修して、だからよく効かないし、棚部分もひびが入ってしまってガムテープでとめてあるし … ゴム部分がバカになっちゃっててちゃんと閉まらないから冷気が逃げるし … という状態でして。

で、昨日やっと買いました。スーパーの電化製品売り場に50%OFFとかで手頃な値段のがあったので。

だけど運んでくれないから、イヤ、くれるのですけど1㎞=1ユーロ(約130円)だそうで、我が家まで25㎞あるし。ということで今日、夫が車にトレーラーをくっつけて取りにいきました。

d0339289_04472139.jpg

「わーい、来た来た」と喜んだのもつかの間、扉が開く向きを逆にできると確認して買って、説明書を読むけど、ど~してもできない … 「ど~してこう、ひとつひとつ突っかかるのかな(爆)」と喜びも半減。メーカーのアシスタントに電話して。この電話代だって日本と違って此方持ち。で、スペシャル番号とかで割高だし。… そんなあんなで持ってきたのは午前10時頃だったのに無事ドア向きを変えて設置できたのは午後4時頃 … もう疲れたっ。

こういうことって、日本だったら家まで運んでくれてちゃんと設置までしてくれるんじゃないのですかね???

d0339289_04475263.jpg

d0339289_04484524.jpg

今までのより幅が細く、キッチンテーブルとの間に隙間ができてしまったので夫に急きょ頼んで板をつけてもらいました。手頃な板がなかったとかで、ストーブ用薪を適当に削って作ってくれました。
d0339289_04493761.jpg

d0339289_04500398.jpg

d0339289_04502418.jpg

とにかく新しい冷蔵庫になって良かったデス、マル。





[PR]
by grandma2675 | 2016-01-22 05:01 | フランスの田舎暮らし

やさしい空気

ちょっとした成り行きで、「VENUS D'AILLEURS(在仏外国人)」という写真集に載りました。世界各国からそれぞれの事情でフランスに来て住んでいる42家族。日本代表みたいな(笑)? みんな複雑。
d0339289_20323621.jpg


そこの文章紹介です。(仏語の日本語訳)
「…(略)… しかし彼らの母(←私のこと)にとってはそんな簡単ではなかった。昔からヨーロッパには関心があり、歴史や文化、西洋人気質など本や映画、実際の出会いなどを通してある程度知ってるとは思っていたが、現実のフランスでの生活はその幻想を破壊するに十分だった。…(略)… 彼女は図らずも「異質な文化」に直面したのだ。日常生活の中での摩擦、また日本と関係のある夫の仕事を手伝うということもあり、異文化と直に接することにより逆に自分の祖国を再発見するということになった。

「何が一番恋しいですか?」という質問に彼女は答える。「家族…食べ物…ちょっとね…だけど、ああ、そう、風景!」彼女はとても美しい地方でB&Bをやっているのだが、それにもかかわらず「日本の風景が恋しい」と言う。「この地方は本当に美しく、私も好きです。でも私にとってはちょっと単調です。日本は四季の移り変わりがもっとはっきりと明確です」

そして彼女は付け加えた。「とても不思議なのですけど、こんなに美しい風景なのに、私にはカミの存在が感じられないのです。日本では、東京のような大都会のほんのちょっとした道を歩いていても感じることができるのですが…」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本に帰って空港に降り立つと、空気が違うのが分かります。やわらかで、神経がすーっと静まっていくのが感じられる。それがフランスに帰ってくると神経が、戦闘態勢に入るというか、逆立つのが分かるのです。最初の頃、たぶん仏語がはっきり分からないからそのせいなのかも?と思っていました。でも回数を重ねてもそれは変わらず、その都度「なぜ?」と考え続け … 「湿気のせいなのかも?」あるいは「日本語のせいなのかも?」とも思い …。

以前「日本人のDNA」で書きましたが、この列島に流れ着いた人々はこの日本の四季折々の繊細な環境の中で長い時間をかけてゆっくりと「日本人」となっていきました。この環境が「日本人」を作り上げたといっていいでしょう。柔らかな空気。

地球が宇宙の中で一粒の青い宝石に見えるように、日本は世界の中で貴重な緑の宝石に見えます。自分たちがどれほどの宝物を持っているのかを一番知らないのが日本人なのかもしれません。大切にしてほしいと思います。


ところでフランスは美しい国です。景観には厳しく、目を汚す変な建造物もありませんし、本当に美しい。でもこの国の美しさって、私に言わせると、アニメ「もののけ姫」のデイタラボッチが死んでしまった後の、明るい森林風景なんですよね。寒いし乾燥しているしで植生が違うのでしょうけど。で、探しても探してもカミガミはいない…。



[PR]
by grandma2675 | 2016-01-19 20:37 | 日々の雑感

罪の文化

よく日本は「恥の文化」で西洋は「罪の文化」と言われます。私も何となく分かったような気になっておりました。

さて、フランスは「ライシテ」と言いまして、政教分離・公教育からの宗教分離の原則があります。これに関してもいろいろ事件がありまして、イスラム系の女子生徒がスカーフを被って行ったのは「ライシテ」に反するだとか、それなら、十字架のペンダントはどうなんだ?とか、まあ、いろいろ。

ということで、フランスで私立の学校というと、これはカトリックの学校を指します。(他にユダヤ教の学校とかもあると思います) … フランスは徹底的にプロテスタントをぶち殺してきたカトリックの国です。

この国の公立中学校もご多分に漏れず荒れに荒れています。恐喝だとかそういうのは当たり前、聞いてる話では親の職業で差別されいじめられるとか、そこに人種間摩擦も加わって、その上教師もしょっちゅうストやったりしてますし … とにかく問題が多い。で、私立だったら多少は生徒が選ばれるということで、下2人の子供たちは私立中学へ入れました。私立といっても日本みたくメチャクチャお金がかかるわけではありません。無料の公立よりは少しかかる程度。「うちはシント―ブディストでクリスチャンじゃないけどそれでOK?」と確認したらOKだったので。ミサにも出なくていいよ、と。最低限教師のストがないというだけマシでしたから。

廊下で教師にすれ違えば生徒は挨拶するし、教師が教室に入ると生徒全員ザッと起立して挨拶する…それだけで何か「ヨヨヨ」と。それでも問題山積なんですけどね。

さてある日、息子と雑談していて、「学校で宿題忘れると放課後残されるから嫌だ」とボソッとこぼしたので、「宿題忘れた? そりゃあんたが悪いよ」と返していたのですね。そしたら「おかあちゃん、だってね~」って説明されて。

日本の学校で、例えばもし漢字書き取りの宿題忘れたらどうなりますかね? 今時はなんのお咎めもなしなのかしら? 私が小学生の頃は、放課後残されてその宿題を全部やらされるとかそんな感じだったと思うのですけど? 宿題では一漢字につき20回だったのが50回に増えてやり直しだとか。

それがそのカトリックの学校では、放課後ひとり教室で「私は宿題を忘れた悪い子です」って50回だか100回だか忘れましたが、とにかく延々書かされるんだそうで…これには絶句でした。これじゃ自己嫌悪に陥る … ひとり黙々と「私は悪い子です」って書き続けるんですよ …。

日本式は結局漢字でも計算でも憶えさせようというポジティブ罰なのに対して、こちら式は自己嫌悪にじっくり陥るネガティブ罰と言いますか…。

話逸れますが、体罰というのもこちら発で明治時代に日本に入ってきたもののようですし、ついでにサドマゾなんてのもこちら発 … 何て言うのでしょうか、キリスト教自体そんなに勉強したわけでもないので普通の日本人が知っている程度の上っ面のきれいなイデオロギーや、それしてはドロドロとした宗派間の殺戮の歴史などは知識としては知っていましたが、言葉だけは知っていて、そしてその意味も知っている気になっていた「罪の文化」の重くドロリとした一端を見た気がして、周囲のフランス人とも表面上はニコニコお付き合いしていますが、心の根本的なところで理解しあえることは不可能なのでは?と感じました。

ちなみに何人かのフランス人、それこそ教師やってる友人にこのショックを話したことあります。「イヤ、罰だから、当然っしょ?」と何で私がそんな質問をするのかが理解できないふう?

今でもキリストの十字架像はどこにでもありますが、子供たちはフランスに来た当初この十字架像にショックを受けて「何であのおじさん下ろしてあげないの? 可哀想」と言ってました … 宗教の力が弱まった現代はともかく、中世はこの「罪の空気」に覆いつくされていたわけで「怖っ!」と改めて思った次第です。

【余談】夫の話を聞いていると昔の体罰は酷く、それも何ですけど、今時は体罰絶対禁止で、これはこれで…いや~、荒れてますね~。






[PR]
by grandma2675 | 2016-01-18 23:50 | フランスの学校・日本の学校